ママ友の作り方とは?必要性からメリット・よくあるトラブルまで

育児中に必ずといっても良いほど耳にする言葉の1つに、「ママ友」があります。しかし、慣れない育児の中で、「どのようにしてママ友を作れば良いのかわからない」「人見知りで友人作りが苦手」といった悩みを持つ女性も多いのではないでしょうか。

この記事では、ママ友の必要性や気の合うママ友の作り方について詳しく解説します。ママ友作りでのトラブルや、ママ友作りに活躍する「ママ名刺」の概要もチェックして、育児終了後も仲良くできるような、気の合うママ友に出会うための準備を行いましょう。

1.そもそもママ友は必要?

「ママ友」には「お互いに子育て中のママである」という前提があり、積極的に出会いを求めなければママ友は作りにくいものです。また、ママ友間でのトラブル事例もあることから、ママ友は本当に必要な存在なのかと疑問に感じている方もいるでしょう。

結論からいうと、ママ友は必ずしも作る必要はありません。ママ自身が育児で悩んだときに自分で解決できたり、家族や出産前からの友人に相談できたりする環境であれば、ママ友の必要性はそれほど高くないでしょう。

しかし、ママ友には多くのメリットがあるため、ママ友の存在は子育てにプラスとなる存在です。

■ママ友がいることのメリット

  • 育児の悩みを相談でき、意見やアドバイスを聞くことができる
  • 地域の子育て情報や保育園・幼稚園・小学校などに関する情報の収集や交換ができる
  • 年齢が近い子どもであれば、一緒に遊ばせられる
  • ママ友で会話したり遊びに行ったりすることで、育児のストレスを発散できる

ママ友との付き合い方には気を付けるべきポイントもありますが、ママ友と支え合いながら子育てを行うことで乗り越えられる困難も数多くあります。
孤立感に悩まされることなく、子育てをより楽しく心穏やかに行うためにも、自分に合った方法で、気の合うママ友を見つけましょう。

2.気の合うママ友の作り方

「子どもや自分のためにママ友を作りたい」と考えている方の中には、「ママ友作りの方法がわからない」という方がいるでしょう。ママ友の作り方には様々な方法がありますが、ママ友は人数が多ければ多いほど良いとは限りません。
より良い関係性を保つためには、量より質を重視して、気の合うママ友を作ることが重要です。

ここでは、気の合うママ友の作り方を4つ紹介します。自分が取り組みやすい方法を実践して、良好な関係を築けるママ友を見つけましょう。

2-1.幼稚園で付き合いを増やす

入園したいと考えている幼稚園や保育園があれば、各園が開催している園庭開放や遊び会、プレ幼稚園などに参加してみましょう。

幼稚園や保育園に定期的に通うことで、ママどうしの付き合いが自然と増えます。その中で自分と合いそうな人を見つけて、交友を深めていきましょう。
特に年齢が近い子どもを集めて行う遊び会や、学年単位のプレ幼稚園などでは、長く付き合えるママ友を見つけやすいため、可能であれば参加することをおすすめします。

幼稚園や保育園にすでに通っている方は、送り迎えの時間や保護者会といった機会を利用して、ママたちと交流しましょう。子どもどうしの仲が良い場合は、ママどうしも仲良くなるチャンスです。

2-2.子育て支援センターに足を運ぶ

赤ちゃんや未就園の小さな子どもがいるママは、子育て支援センターや子育てサロン、児童館などがおすすめです。それぞれの場所で行われているイベント・行事に参加することで、ママ友と交友を深める機会を作ることができます。

子育て支援センターなどの施設は、「住んでいる自治体(市区町村)+子育て支援センター」などのキーワードでインターネット検索すれば、近所の施設について調べられます。ママ友作りだけではなく、保育士に育児相談することもできるため、ぜひ一度足を運んでみてください。

2-3.PTAの活動に参加する

「自分から相手に話しかけることが苦手」という方は、PTA活動への参加がおすすめです。PTAの役員を引き受けることには、家事・育児や仕事の他にも園行事・学校行事で負担が増えるというデメリットがあります。
一方で、基本的に1年間同じメンバーで活動を行うため、役員会や懇談会を通して徐々に距離を縮めていけるという点は魅力的です。

また、「PTAの役員である」というだけで役員以外の人から話しかけてもらえることは珍しくありません。「積極的に話しかけられない」という方こそ、勇気を出してPTAの活動にチャレンジしてみましょう。

2-4.アプリやSNSを使う

「気軽に話を聞いてほしい」「インターネット上で知り合い、気が合えば実際に会ってみたい」と考えている方は、ママ友作りができるアプリやSNSを活用してみましょう。
SNSで、「ママ」「○歳○ヶ月」「離乳食」などといった言葉で検索すると、育児中のママが発信するアカウントを多数見つけることができます。

アプリやSNSを使ったママ友作りは、地域の子育て支援施設を訪れる余裕がない方や、同じ悩みを抱えているママ友と知り合いたいと考えている方におすすめです。
同じ地域のママや子どもの年齢が近いママだけではなく、幅広い範囲のママ友と知り合える点も魅力の1つといえます。

3.ママ友を作るときはトラブルに注意

ママ友を作ることには数多くのメリットがありますが、ママ友を作るときにはトラブルが起こらないように注意することが大切です。ママ友間で起こりやすいトラブルについて、2つのパターンを見てみましょう。

【パターン 杙劼匹發糧達に関するトラブル

成長には個人差があり、特に0歳〜就学前の子どもでは、発達・発育のスピードが子どもによって大きく異なります。ママの中には、子どもの発達について悩んでいる方がいるため、ママ友と接するときは、子どもの発達に関する話題にはあまり触れないようにしましょう。
また、自分が子どもの発達に関して悩んでいる場合は、発達に関する話題に反応しないようにして、ママ友ではなく地域の保健師などに相談することをおすすめします。

【パターン◆曠廛薀ぅ丱掘爾亡悗垢襯肇薀屮

幼稚園・保育園には、様々なバックグラウンドや価値観を持つ方がいるため、自分の考え方が相手に非常識であると思われてしまうことがあります。相手に質問されたことに対して、正直にプライベートな情報を話してしまうと、自慢話や嫌みと受け取られてしまう場合があるため、注意しましょう。
また、相手のプライバシーに関わるような話題は避けた方が無難です。

このようなママ友間のトラブルを避けるためには、初対面での挨拶が大切です。しかし、子どもたちの相手をしながら、他のママたちに丁寧な挨拶をすることは難しいでしょう。
「ママ名刺」は、そのようなときに活躍するアイテムの1つです。

ママ名刺とは、ママや子どもの名前、連絡先(電話やメール・SNS)、趣味などのプロフィールを記載した自己紹介カードです。自己紹介や連絡先交換をスムーズに行うためにも、「ママ名刺」を用意してみてはいかがでしょうか。

4.ママ名刺は「おなまえマルシェのネムネム」で用意しよう!

ママ名刺は、自分で作成することも可能です。しかし、よりオシャレで印象の良いママ名刺を作りたい方は、専門の業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

「おなまえマルシェのネムネム」では、豊富なデザインのママ名刺を取り扱っています。
シンプルな雰囲気の中にもこだわりが感じられるデザインであり、名刺を受け取ったママに良いイメージを与えることが可能です。
ママ名刺の作成を考えている方は、ぜひ「おなまえマルシェのネムネム」に問い合わせてください。

まとめ

ママ友は必ずしも作る必要はありませんが、ママ友がいることで育児の悩みを相談できたり、地域の情報や園・学校の情報を取り入れられたりするなどのメリットがあります。
幼稚園・保育園や子育て支援センター、アプリ・SNSなど、自分に合った方法でママ友作りにチャレンジしてみましょう。

ママ友作りのときには、トラブルを回避しつつ相手に好印象を与えるために、「ママ名刺」の利用がおすすめです。
「おなまえマルシェのネムネム」でお気に入りのママ名刺を作成し、子育てが終わっても仲良くできるような、気の合うママ友を見つけましょう。

他の記事

PAGE TOP